G-SHOCK US Official Website | CASIO, Casio G-Shock Perpetual Alarm World Time Chronograph Quartz , G-SHOCK US Official Website | CASIO, G-SHOCK US Official Website | CASIO, G-SHOCK US Official Website | CASIO, G-SHOCK US Official Website | CASIO
APE様専用 MACKINTOSH PHILOSOPHY 腕時計

CO57 COGU コグ 腕時計 自動巻き 機械式 C1021BWH
Gショック 逆輸入品 \r\rCASIO G-Shock Perpetual Alarm Chronograph Quartz Analog-Digital White Dial \r\rGMAB800-7A \r\r新品未使用 送料無料(出品者負担)\r\rUSA購入品\r\rCASIO USA 定価$120\r\r缶に入っていますが、缶外側に若干の擦り傷やへこみがあります。\r\rG-SHOCK Sシリーズの最新の追加を導入し、日々のトレーニングをより楽しく効果的にするための設計と設計されたスポーツウォッチのラインナップをラインナップ。新しいGMAB800のサイズは、人気のG-SHOCK GBA800の場合より約3mm小さく、手首の小さい人には最適です。このモデルは、GBA800と組み合わせることもできます。この時計はスマートフォンとリンクBluetooth、スポーツ活動をさらに楽しくし、G-SHOCKコネクテッド電話アプリはワークアウトをサポートする多くの機能へのアクセスを提供します。毎日の健康とフィットネスのサポート機能には、ステップ数を追跡する3軸加速度計、それぞれ5つのタイマーの最大20の組み合わせを作成できるタイマー、最大200ラップレコードのメモリなどがあります。\r\r仕様\r・耐衝撃性\r・ミネラルガラス\r・ネオブライト\r・200メートル耐水性\r・ケース/ベゼル材:樹脂\r・レジンバンド\r・バッテリー寿命約:CR2016で2年\r・LED:ホワイト\r・モジュール: 5555\r・ケースサイズ:50.7×45.2×15.5mm\r・総重量:52g
カテゴリー:メンズ>>>時計>>>腕時計(アナログ)
商品の状態:新品、未使用
ブランド:ジーショック
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:岐阜県
発送までの日数:1~2日で発送

G-SHOCK US Official Website | CASIO
Movement in Motion 電波ソーラー
Casio G-Shock Perpetual Alarm World Time Chronograph Quartz
【美品中古】G-SHOCK GA-100-1A1DR海外モデル
G-SHOCK US Official Website | CASIO
オリエントスター 腕時計 【ジャンク品】
G-SHOCK US Official Website | CASIO
SEIKO セイコーロードマチック グリーン5606-7351 LM純正ブレス
G-SHOCK US Official Website | CASIO
新品 送料無料 3D フルスケルトン 自動巻き 機械式 メンズ 腕時計 ブルー
G-SHOCK US Official Website | CASIO
セイコー5933-5090 (G6)

新着情報

topics

サンシャインプラスクラウド リネンチェックシャツ

【新品未使用】激レア! クロムハーツ セメタリークロス マルチカラー ロンT

  • お知らせ

「新型コロナワクチンの小児への接種について」  (改定)

現在、オミクロン株による新型コロナウイルス感染症の若い世代への急拡大がみられており、若年者、小児が中心の感染症に変わってきています。

我が国では、12歳以上への新型コロナワクチン接種はすでに開始されていますが、5歳~11歳の小児に対する新型コロナワクチンも1月21日に特例承認を受けたため、3月以降に接種が開始されることが決まりました。多くの保護者の皆さんは、小児への新型コロナワクチン接種について、疑問や不安をお持ちだと思います。現状を踏まえて、5歳~11歳の小児に対する新型コロナワクチン接種についての院長の私見をまとめ直してみましたので、接種の是非を決める際の参考にしていただきたいと思います。

  • 小児の新型コロナウイルス感染症の多くは軽症である

これまでの新型コロナウイルス感染症による重症例や死亡例の多くは、基礎疾患のある高齢者でした。小児のコロナウイルス感染症の症状は、成人の場合とは大きく異なり、多くは軽症あるいは無症状の、いわゆる風邪症状です。小児ではRSウイルス感染症やインフルエンザなどの感染症の方が、新型コロナウイルス感染症よりもはるかに重症化する可能性が高く注意が必要と考えます。

オミクロン株は、これまでのデルタ株などに比べて軽症の事が多いという海外の報告があります。しかし感染者数が増えれば、一部の患者さんは重症化する可能性がありますので、油断は禁物ですが、現状では小児、成人ともにデルタ株以上に重症化する可能性は示されておらず、病原性が強くなったという証拠はありませんので、過剰な不安を抱くことはありません。

参考資料<これまでの日本国内の小児新型コロナ感染者数> (時点)

10歳以下 110353名(重症1名、死亡0名) 死亡率0%

10歳~19歳 207057名(重症0名、死亡3名:基礎疾患あり) 死亡率0.0014%

  • これまでは新型コロナウイルス感染拡大の中心は成人 → 今後は子供どうしの感染症になる?

これまで、新型コロナウイルス感染のほとんどは成人同士の間で起こっており、感染した大人が家庭に持ち込むことで子どもが感染する例が多くみられました。これまでは、学校、幼稚園、保育園でのクラスターの発生は、会社など成人のクラスターの発生よりも非常に少なく、こども同士での感染拡大は少ないとみられていました。しかしオミクロン株では若年者にも感染しやすいため、インフルエンザのように集団で流行拡大が起こるのではないかと危惧しています。

  • 新型コロナウイルスワクチンは、従来のワクチンより副反応が強く、長期的な副反応は不明 + オミクロン株への効果は不十分

現在使われている新型コロナウイルスワクチンはメッセンジャーRNAワクチンという、今回初めて人類に対して使用されるワクチンです。厚生労働省によれば、大きな副反応はなく安全なワクチンとされていますが、若年層での心筋炎などの重大な副反応が疑われる例の報告もみられます。従来のインフルエンザワクチンなどと比べて、接種後の発熱、頭痛、倦怠感などの副反応が多くみられ、特に年齢層が若いほど副反応を呈する割合が高いことが知られています。稀な副反応といわれている心筋症ですが、近隣で既に数例のワクチン接種後の発症がみられており、発症の頻度は報告以上に多い可能性があり、十分な注意が必要です。また、多感な思春期のお子さんでは、過度な不安から「迷走神経反射」といわれる症状を呈し、めまい、吐き気、失神、転倒などをおこし、接種後に体調不良をきたす方が多くみられます。

厚生労働省によれば、新型コロナウイルスワクチンによる長期的な副反応はないとされていますが、以前使われていた日本脳炎ワクチンは、数十年に渡り接種を行った後に副反応が明らかになり、その後新たな日本脳炎ワクチンが開発された経緯があります。新型コロナウイルスワクチンは開発されて1年足らずのワクチンであり、現時点では長期的な副反応について不明な点は多いといえます。特に5歳~11歳の新型コロナワクチン接種の治験は、わずか2250人のデータをもとにしたものであり、重大な副反応をみるにしては不十分な数字といえます。今後長い未来のある子供たちのため、副反応については、より慎重に考えることが大切だと思います。

デルタ株までに比べ、オミクロン株へのワクチン効果の低下が各国で指摘されています。ワクチン接種の最先端をいくイスラエルでは3回目接種が済んでいるオミクロン株による感染拡大がみられており、高齢者には4回目の接種を行うとのこと。わが国では、国立感染症研究所のオミクロン株に対する疫学調査の第1報では、わずか21例の解析であり信頼性は低いものの、3回接種済みが2例、2回接種済みが17例、未接種2例(軽症17例、無症状4例)という結果であり、現行のワクチンを接種すれば、必ず感染が防げるわけではないといえます。小児に関するワクチン接種後の重症化、入院率の低下などを示す正式なデータはまだなく、結果が期待されます。

  • ENGINEERED GARMENTS CREW NECK CARDIGAN S

オミクロン株の出現により、基礎疾患のあるハイリスクの小児や、ご家族の中に高齢者、ハイリスク者がいる場合には、ワクチン接種の必要性は高まったと考えますが、健康な小児への新型コロナワクチン接種の必要性は依然低いと考えています。

小児でのオミクロン株に対するワクチン効果が現状では不明であり、諸外国のデータでも有効性は低いままです。拙速なワクチン接種の決定は不要です。5歳~11歳のワクチン接種は3月以降から開始されますので、この数カ月の流行状況、症状などを見たうえで、リスクと有益性を理解し、接種者と保護者が納得したうえで接種の是非をお決めください。

小児へのコロナワクチン接種に関して、国は推進する方向でいますが、ワクチンの効果ばかりが報道され、副反応に対しての報道はなされず、ワクチンの安全性が軽視されているようで心配です。ワクチンの必要性は、病気によるリスクとワクチンの副反応によるリスクを天秤にかけて決めますので、今後も状況により変化するものであることをご理解ください。

座間小児科院長 山崎雅彦

HAREスラックス